森の今(三宅 朔夜)

エンカレ卒業生の今
2021年6月25日掲載

好きなことに打ち込んだ経験が、今の学びにつながっています

三宅 朔夜(平成29年度卒業)

専門学校に進学し、スポーツトレーナーを目指して勉強中

体を治癒するだけでなく、心も支えたい

高校時代、進路を考えた時に、これといってやりたいことがありませんでした。そんな時、好きなことを仕事にできたら楽しいだろうなと思いつき、運動に関わる仕事について調べたことがきっかけで、スポーツトレーナーという職業を見つけました。元々体を動かすことが好きだったため、将来は、整形外科か接骨院で働きながら、スポーツチームのトレーナとして選手を支えたいと考えています。

柔道整復師の資格が取れる専門学校に進学してから、資格を取得したり、マッサージや指圧についても勉強し、専門知識を身に付ける楽しさを実感できました。ボランティア活動の一環で参加した、プロスポーツの試合の救護活動では、怪我をした人の応急処置の際に「ありがとう」の感謝のことばをもらい、大きなやりがいを感じました。患者や選手の「ここをこうしたい」という願いを実現できるように、もっと勉強して技術を身につけたい、学んだことを人のために活かしていきたいと感じられる瞬間でした。

この春に柔道整復師の国家資格を取得しましたが、もっとやりたいことを拡げたい、仕事の幅を広げたいと考え、現在は新たに鍼灸について学んでいます。スポーツトレーナーという夢に向かって、少しでも多くの専門的な知識を身に付けたいと考えています。高校生の頃は勉強することが苦手でしたが、今は自分の好きなことのためなので、苦ではありません。

イメージ

得意かどうかはやってみないとわからない

スポーツトレーナーという職業は、常に人と接する仕事です。私は以前、人と話すのがとても苦手でした。将来のためにと考え、エンカレでは学校行事に積極的に参加して色々な人と関わるように努力しましたが、うまくいかず悩むこともありました。行事の企画にも携わり、みんなで楽しめるイベントを数多く企画し、友人関係も広がりました。この時の仲間とは、卒業後も連絡を取り合い、支えあっています。この経験は、患者さんが「どこが痛いのか」をうまく「聞き出す力」に、大きく活かされていると感じています。

専門学校での勉強で得意だと感じたのは、意外にも法律の分野でした。好きなことを興味の向くままどんどん取り組んでいたら、自分のやりたいことや好きなことが見えてきたように思います。エンカレでバスケットボール同好会に所属し、友人と毎日のように体育館で汗を流したのもいい経験でしたが、打ち込んだ経験があったからこそ、自分の本当にやりたいことを見つけられたのだと思います。

イメージ
学校見学を随時行っております。ご希望される方はお電話にてお申し込みください。tel: 082-849-6755
< 採用情報 > 新卒者・現職者・海外からの帰国者など、秀逸な教員を募集しています。詳しくはこちら

学校法人鶴学園 広島工業大学高等学校 エンカレッジコース(通信制課程)

〒731-3163 広島市安佐南区伴北6丁目4104-2

TEL:082-849-6755 FAX:082-848-0167