鶴学園

理事長挨拶

私学らしい私学教育の創造を!

「草創期の私立学校には、混迷の時にあって新しい時代を切り開かんとする気概があった。今日、私学人は、もう一度そこに思いを致すべきだ。なぜなら、21世紀は劇的な構造変化が次々に襲ってくる時代だからである。」と、理事長 鶴 衛は説きます。

さらに鶴 衛は「私学らしい特色ある教育創造は、愛=想いを込めた教育活動が出来るか否か、にかかっている。与えられたものをただこなすのではなく、教育を手作りするという創造的活動を常日頃から繰り返すことが鍵となる。これこそ私たちが校祖から受け継ぐべき「愛=想い」の実践であり、同時に私学らしい私学教育実現の核となるものだ。」とその想いを私たちに語ります。

イメージ

理事長 鶴 衛

イメージ

 

鶴学園の精神「教育は愛なり」

鶴学園の教師は、一枚の大事な写真を共有しています。 病の床から数学を講義する校祖鶴虎太郎「病臥中の授業」の写真です。
明治39年脊髄カリエスが悪化、下半身不随となり、校祖は医師から死の宣告を受けました。しかし、校祖は、入学を許可した生徒の教育を放り出すことはできない、と病床から授業を続けました。
この一枚を見ることで、私たちは「教育は愛なり」という建学の精神・キリスト者としての校祖の魂を感じるのです。
今日、私たちは、この「愛」とは、「想いを持って教育にあたること」つまり、「児童・生徒・学生の現実にきちんと向き合い、どういう教育をどのようなプログラムで展開すべきか」、「それが児童・生徒・学生の何を養うことになるのか」そして「それがどのような人材育成につながるのか」 という「想い」を常に持って教育にあたるよう促すことばである、と受けとめています。

校祖 鶴 虎太郎

教育方針「常に神と共に歩み、社会に奉仕する」

この校祖の精神を継承し、鶴学園を創立した鶴 襄は教育方針を「常に神と共に歩み社会に奉仕する」と定めました。
このことばからは、たとえ「想い」を込めた教育活動であっても、それを絶えず「これでいいのか」、「さらに工夫できることはないのか」と、“自己を厳しく戒め、律する精神”の大切さを説く創立者の心が伝わってきます。
「常に神と共に歩む」とは、そういう姿勢を求めることばだと私たちは思っています。

創立者 鶴 襄

鶴学園の組織

鶴学園は小学校、中学校、二つの高等学校、専門学校および大学を設置する学校法人です。
学園の設置する高等学校から広島工業大学への推薦入学制度、専門学校から大学への推薦編入学制度、さらに大学から大学院への推薦入学制度など、学園内における一貫教育を進めるシステムを確立しています。

< 採用情報 > 新卒者・現職者・海外からの帰国者など、秀逸な教員を募集しています。詳しくはこちら

学校法人鶴学園 広島工業大学高等学校[全日制課程]

〒733-0842 広島市西区井口5丁目34-1

TEL:082-277-9205 FAX:082-279-8245