学校紹介

  • 学校長挨拶
  • 鶴学園
  • 教育方針
  • 施設紹介
  • 生徒数・教員数
  • 校歌
  • 沿革

学校長挨拶

学校長 山口 健治

6万平方メートルの広大な敷地に、オール人工芝のサッカー場、黒土の野球場、さらに全天候型トラックの陸上競技場、そしてアメリカサイベックス社のトレーニングマシーンを装備した体育館等、本校はまるで総合運動公園のような学校です。

そこに平成29年度、本校の新名所3号館が誕生しました。すべての教室に電子黒板機能を持つプロジェクタを搭載し、幅10メートルの廊下には様々な形の机や椅子が置かれ、生徒たちの自学自習やコミュニケーションの場となっています。2階は、1フロア9教室分の広さを持つALC(アカデミックラーニングコモンズ)があります。図書館エリア・ICTエリア・和室エリア・アクティブラーニングエリアに分かれ、調べ学習や学び合い、プレゼンテーション、さらに国際交流などを行い、これから求められる能力を育みます。

 

本校は、平成23年度より4つの学校改革を実施し、成果を上げてきました。

 

第一弾の改革:特別進学類型の進学実績向上

第二弾の改革:総合進学類型の確かな学力向上(新学習システム「3R's+E」の導入)

第三弾の改革:男女共学の再開

第四弾の改革:学び方の改革(授業にアクティブ・ラーニングやICTの導入)

 

これら4つの改革は全て現在進行中ですが、この教育実践の中で私たちは、「生徒の習熟度に適した教材と豊かな学びの環境、そして指導者の熱意が加われば、生徒は間違いなく伸びる」ことを確信しました。

このような教育実践こそが、鶴学園の建学の精神「教育は愛なり」です。

 

私たちは、生徒を一番伸ばす学校を目指します。

↑このページの先頭へ

学校法人鶴学園 広島工業大学高等学校 [全日制課程]

〒733-0842 広島市西区井口5丁目34-1 TEL:082-277-9205 FAX:082-279-8245