進路関連

  • 進路実績
  • 卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージ

大切なのは抜け目なくしぶとく学ぶこと

木村 暦 さん(外国語学部 外国語学科 フランス語専攻 平成28年度卒)

イメージ

長かった受験生活を終えて、その経験から私が学んだ受験において大切なこと。一つは、どの教科も満遍なくやることです。得意教科だからといって、おろそかにしてしまうのはとても危険です。そしてもう一つ、何よりも大切なことが諦めないことです。途中で諦めると全てが無駄になってしまいます。皆さんが暖かい春を迎えられるよう、応援しています。

受験は当たり前の徹底からはじめる

陽原 瑛樹 さん(理学部 地球惑星システム学科 平成26年度卒)

イメージ

高校での初めてのホームルーム、「凡事徹底を心がけよ」と教わりました。私はこれこそが受験において一番大切なことだと思います。課題は徹底してこなす。授業は集中して臨む。分からないことは先生に尋ねる。当たり前のことを徹底してやるのが大切です。受験勉強は高校に入学した時から始まっています。凡事徹底し充実した高校生活を送りましょう。

努力がよりよい未来への羅針盤

池田 悠起 さん(文化構想学部 平成25年度卒)

イメージ

高校3年間の努力が実り、無事に合格することができました。合格の要因は、明確な目標設定、基礎基本の定着、過去問題の反復だと思います。ただ、まずは学校の授業で学んだことを確実に身につけてください。これら、懸命の努力が自分を成長させ、良い方向へと導いてくれると思います。皆様の今後のご活躍を心より願っています。

受験の前にしておくべき覚悟

山本 諒 さん(人間福祉学部 人間科学科 平成25年度卒)

イメージ

皆さんは今多くの期待、不安を抱いていると思います。まず皆さんには明確な目標を設定してもらいたいと思います。そしてその目標までの計画を立て、実行してください。計画を立てるまでは簡単ですが、いざ実行するのは難しいことです。絶対に目標を達成するという覚悟を持って、受験に臨んでください。工大高の卒業生として、心から応援しています。

部活と先生に支えられた大学受験

松村 佑哉 さん(看護学部 平成27年度卒)

イメージ

私は野球部に所属していました。勉強はあまり好きではありませんでしたが、野球で身につけた精神力、忍耐力、何より担任の先生のおかげで勉強に向かっていくことができました。勉強でつまずいたり、困っていることがあれば先生に相談してみてください。きっと、解決への糸口を与えてもらえます。共に学ぶ仲間と切磋琢磨し受験に挑んでください。

集中力で効率的に進める受験勉強

中村 優太 さん(工学部 建築工学科 平成27年度卒)

イメージ

私は3年間野球部に所属しており、十分な学習時間の確保が難しい時もありました。しかし、部活動で培った集中力を活かし、授業こそ最良の学習時間として臨み、定期試験に全力で取り組むことで良い成績を残すことができました。受験勉強は要領よく、そして効率的に行うことが一番大切だと思うので、それを意識して頑張ってください。

↑このページの先頭へ

学校法人鶴学園 広島工業大学高等学校 [全日制課程]

〒733-0842 広島市西区井口5丁目34-1 TEL:082-277-9205 FAX:082-279-8245