学校長挨拶

学校長 山口 健治

学校長 山口 健治

2020年度は新型コロナウィルス感染症の拡大により、多くの人命を失い、経済活動にも甚大な被害を受けました。

そしてその猛威は、2021年の今でも陰りを見せません。教育活動も大きな影響を受け、生徒たちはとても窮屈な生活を強いられています。
そんな中、本校は昨年度と今年度の5月、緊急事態宣言中に、オンライン授業を実施しました。

生徒の学びを継続させた取り組みは、昨年度過去最高の大学合格実績を残すこととなり、私たち教職員は大きな自信を得ました。

本校の学校教育目標は、 


21世紀のど真ん中を ~朗らかに・誠実に・しなやかに~ 生きる力を育む

です。 21世紀のど真ん中は、どんな時代でしょうか?
どんな能力が求められるのでしょうか?
マスクで表情は見えにくいですが、それでも朗らかに周りを明るい雰囲気にしましょう。
人や物事に対し、大切に誠実に向かい合いましょう。また、未来の自分から「ありがとう」と言ってもらえるよう、今の自分自身にも誠実でありましょう。
先の読みにくい時代といわれています。

いろんな角度から自分や社会をとらえるしなやかな思考力を持ち、また竹や柳のように風が吹いても折れないしなやかな粘り強さを持ちましょう。

 

高等学校では、2022年度から学習指導要領が改訂され、新たな学び創りが始まります。

同じくして本校では、次年度から新しいコース「K-STEAM類型、C L(クリエイティブ・ラーニング)コース」を立ち上げることになりました。
21世紀のど真ん中を生きるためのマインドやスキルを、本校オリジナルなSTEAM教育で育む新しいタイプの普通科です。

最先端機器を用いたモノづくりを通して、テクノロジー(スキル)やアイデア、デザイン力等を掛け合わせ、創造力や学びの意欲「たまらなく楽しい学びの場づくり」を目指す教育を行います。

 

私たち教職員には夢があります。
工大高校は、平成23年から学校改革を10年以上継続して行っています。
私たちは本校を、広島の西エリアにおいて、学業を中心に、学校行事、クラブ活動など、生徒を伸ばす魅力いっぱいの一番に選ばれる学校にしたいと思っています。
縁あって来年度、もし本校へ入学して頂けたならば、その3年後、本校を母校として卒業し様々な道へ進みます。

他県の大学へ行くと、当然、最初は同じ広島県の人と仲良くなり、その時に、「高校はどこなん?」という会話が必ずなされます。
「私(俺)、工大高」と答えたあなたに、その友人達が「えっ、工大高なん、凄いじゃん!」

ぜひとも、今、この縁をその第一歩として、共に夢に向かいましょう。

< 採用情報 > 新卒者・現職者・海外からの帰国者など、秀逸な教員を募集しています。詳しくはこちら

学校法人鶴学園 広島工業大学高等学校[全日制課程]

〒733-0842 広島市西区井口5丁目34-1

TEL:082-277-9205 FAX:082-279-8245